人気ブログランキング |

東海地方で自然観察をしながら、チョウ・トンボ・野鳥・山野草などを撮り、日本の四季を愉しみつつ、自然環境の悪化、地球温暖化、生きものたちの絶滅などを心配しています。最近、“写真俳句”を始めました。


by 愉快な仙人
カレンダー

2010年 05月 17日 ( 1 )

“いつもの丘陵地”の池では、例年、5月中旬には、日本で最小のトンボ・・・2cm足らずのハッチョウトンボが見られるので、(今日はハッチョウトンボを撮ろう!)と思い、久しぶりに“いつもの丘陵地”に行ってみました。

ハッチョウトンボ(トンボ目トンボ科、幼虫で越冬)が居ないかと・・・水際を隅から隅まで探したら・・・やっとが1頭だけ見つかりました! もう、成虫の姿です!
c0172139_1132438.jpg

拡大すると・・・
c0172139_1110645.jpg

は成熟すると赤くなるので目立ちますが、♀は“阪神タイガース”のような保護色なので、飛ぶと良く見失います。

飛んで・・・・別の草に留まった時には まだ翅が広がっているので・・・その珍しいポーズを狙いました! 
素早くピントを合わせて・・・カシャッ! 撮れました!v(^ ^) 
陽が当たると、翅が輝きます!
c0172139_9344365.jpg

その近くには、青色が濃くなった ホソミオツネントンボ(トンボ目アオイトトンボ科、成虫越冬)が居ました!
このトンボを ここで見るのは、初めてです。
c0172139_9375352.jpg

拡大すると・・・
c0172139_9445044.jpg

池の周りを少し歩くと・・・このトンボが目に入りました。
成熟したハラビロトンボの♂ですね。
c0172139_108391.jpg

その近くに、♀もいました。
c0172139_11174560.jpg

ピョ~ンと飛んで松の木の枝に留まったのは、ツチイナゴでしょうか?
c0172139_10131248.jpg

このイトトンボ・・・腹部の第8節と第10節の下部が青く、第9節は全体が青くなっているので、アジアイトトンボの♂だと思います。
c0172139_10295137.jpg

シオカラトンボ♀も のんびりと休憩中でした。
c0172139_11234510.jpg

丘陵地の向こうに、緑の樹木が剥ぎ取られ、土がむき出しになった所が見えますが・・土砂採取のために丘陵を切り崩している、現場です。
c0172139_10495739.jpg

この丘陵地一帯も、数年前に鉱山会社によって買収され、国が「保安林の解除」をすれば、直ちに切り崩しが始まるところでしたが、数日前に、林野庁が「保安林の解除」を認めない決定を下しました。

それで、今のところは自然破壊が阻止されていますが、2ヶ月以内に鉱山会社は「決定不服の申し立て」をすることが出来るようですので、事態が どのように動くか、予断を許しません!
貴重な自然か破壊され、私の自然観察フィールドが無くなる事態は、個人的にも阻止しなければ・・・と考えています!
「自然保護と開発」・・・これからも全国各地で延々と続く問題ですので、何らかの法規制・法改正が必要だと考えます。

by yukaina_sennin | 2010-05-17 23:51 | トンボ