東海地方で自然観察をしながら、チョウ・トンボ・野鳥・山野草などを撮り、日本の四季を愉しみつつ、自然環境の悪化、地球温暖化、生きものたちの絶滅などを心配しています。最近、“写真俳句”を始めました。


by 愉快な仙人
カレンダー

<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

台風が近づいているためか、今日も曇り。 で、近場の“いつもの池”へ(^^;)
近くには何も居ないのですが、池の対岸の近く(250m先くらい)に、数羽の水鳥が見えます。
c0172139_12153561.jpg

拡大してみると・・・WAO! ヨシガモが、もう飛来しているようです!
ヨシガモは、数が少ないと思われ、あまり出会わない水鳥です。  
  (画像の質が悪いのですが^^;・・・何しろ被写体が遠いので、仕方ないです。250mくらい先のカモが、判別出来る程度まで撮れるのは、ひとえに1800万画素の、キャノン7Dのお蔭です! デジカメは画素数が「命」ですね。 v(^^))
c0172139_11275619.jpg

マガモも到着していました!(留鳥のマガモも居ますが、ここに来るマガモは渡り鳥だと思います)
c0172139_11505636.jpg

今日もカワセミに会いました!
c0172139_834040.jpg

少しでも近くに行こうと・・・移動している間にダイビングして、魚をGET!
c0172139_8345553.jpg

拡大写真です。
c0172139_8352385.jpg
 
キセキレイも、まだ居ました。
c0172139_836919.jpg


   *************【以下は広告です】*************











[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-29 11:17 | 野鳥

千客万来!

今日、“いつもの池”を覗いたら、何かが水面に浮かんでいます!
よく見ると・・・眠っているホシハジロです!
c0172139_18472294.jpg

10月 22日にupしたオオバンは、北の地方から移動してくる“漂鳥”ですが、ホシハジロは避寒にやってきた渡り鳥(冬鳥)です。冬鳥シーズンの 幕開けです!♪(^^)ノ
c0172139_1831245.jpg

歩いて、池の奥の方へ行くと・・・オオバンに混じって、オカヨシガモが泳いでいました!
オカヨシガモも 冬鳥です。画面左が♂、右が♀でしょうね。
c0172139_18423339.jpg

先日のキセキレイが、まだ居ました(^^)
キセキレイは 留鳥/漂鳥です。
c0172139_18382166.jpg

カイツブリも戻ってきました。
カイツブリは 留鳥/漂鳥ですが・・・ここのカイツブリは、暑い盛夏には どこか涼しい所へ行っていたようなので 漂鳥といえるでしょう。
c0172139_18584983.jpg


*************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-27 23:15 | 野鳥

“空飛ぶ宝石”!

今日も曇り^^; どうして毎日 こうも天気が悪いのでしょうね?
(こんな天気だと オシドリも葦の中から出て来そうだ)と、様子を見に・・・“いつもの池”へ(^^;)

歩き始めて 直ぐに、木陰から水面を見ると・・・わお! 夏の間 見かけなかったカワセミ=“空飛ぶ宝石”です!
c0172139_2320184.jpg

カワセミからは 私が見えないので、カシャリ カシャリと撮っていると・・・ん?魚を見つけたようです!
c0172139_23211713.jpg

ダイビング! そして、そのまま、対岸に飛び去りました。
c0172139_23224011.jpg

カワセミの後に やって来たのは・・・これまた 久しぶりに会う キセキレイでした。
c0172139_23234694.jpg


顔見知りのカメラマンが 入れ替わり立ち替わり、オシドリの様子を見にきました(^^)
・・・が、オシドリは 到着したばかりで警戒しているのか・・・姿を見せません。

*************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-25 23:07 | 野鳥

オシドリが到着!

今日は、また曇りで、雨が降りそう(-_-;)
それでも、“いつもの池”を覗くと・・・野鳥を撮る知り合いのカメラマンが、池の小径をノソリ ノソリと歩いて来ました。
「何か居た?」
「オシドリが沢山来たよ! 葦の中に入って、今は見えないけど・・・」
「へえー! 去年来たのは、11月7日頃だったでしょう?」
「ちょっと早いね。 山の方は、寒くなっているのかな?」

この数年、毎年オシドリがこの池に やってきます。
オシドリは、用心深くて 昼間は対岸の葦の茂みから、なかなか姿を見せません。
われわれカメラマンも、オシドリたちが ゆっくり越冬できるよう、葦の方には行きません。人気がない早朝や 雨の日なんかに、近くに来る時があるので、その時に撮ります。

在庫から・・・これまでに撮ったオシドリです。

c0172139_992117.jpg

♀の羽ばたき!(ん? ♂は両手に花?)
c0172139_9132249.jpg

仲良く泳ぐ オシドリの♂♀(ん? ♀が少ない!)
c0172139_9181111.jpg


*************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-24 08:50 | 野鳥

蝶が舞う!

今日は、まずまずの天気です。
それで、“いつもの池”を覗くと・・・・・

久しぶりに 水面に黒い影が!
漂鳥で、寒くなると北の地方から やってくる、オオバンのカップル(?)ですね!
頭から首までは黒く、背・胸は黒褐色で、額板と嘴(くちばし)が白いです。
“冬鳥”のシーズンの幕開けですね!
そのうち、カモたちが、北国から渡ってくるでしょう!
c0172139_194863.jpg


今日は、普通種ですが、沢山のチョウに出会いました!
列挙します。

まず、出会ったのが、ウラナミシジミ。
北の方へ移動するチョウだそうですが、まだとどまっています(^^)
c0172139_20242760.jpg
   
これは、裏翅が見えませんが・・・ヤマトシジミでしょうね。
c0172139_9331774.jpg

ウラナミがヤマトの側に留まりましたが・・・同種じゃないと気づき、直ぐに飛び去りました(^O^)
c0172139_9314494.jpg

おやっ?! これは??
c0172139_9181655.jpg

裏翅だけでは、判りません。
翅を開くと・・・ヒメアカタテハでした!(^^)
c0172139_9195152.jpg

これは・・・イチモンジセセリのように、白い点が横に並んでいますが・・・ちょっと点の並び方がガタガタ気味なので・・・オオチャバネセセリかもしれません^^;
c0172139_921476.jpg

黄色いチョウを見かけると・・・絶滅危惧種のツマグロキチョウではないか? と、期待するのですが・・・95%ぐらいはキタキチョウですね。
c0172139_9234020.jpg

モンシロチョウも飛んできました。
c0172139_9251651.jpg

この夏型の方が春型より大きく、数も少ないので、優雅に見えます。
c0172139_929244.jpg

せわしく飛び回っていたツマグロヒョウモン♂が、着地しました!
c0172139_93076.jpg

黒い影が飛んだので、何チョウかと 必死で追いかけました!
この時期と初春に見かける、クロコノマチョウでした。
脚や触覚が、蛾のようですね(^^;)
c0172139_926395.jpg

これは、翅の文様が なかなかシックですが・・・完全に蛾です(^^)
c0172139_9152840.jpg

綺麗な木の葉が一枚、クモの糸に引っかかり、揺れていました・・・
c0172139_9164467.jpg


郊外の池の堤防で、普通種ながら 一度にこれだけのチョウが見られるのは、幸せと言うべきでしょうね!v(^^)
たぶん、タンボや畑が宅地化され、自然環境は悪化したものの・・・農業のための、殺虫剤や農薬類を使わなくなったため、昆虫が生きる環境が 住宅地周辺の雑木林に、戻って来たのかも知れません。
逆に・・・先日、久しぶりに行った故郷は、開発されておらず、昔ながらのタンボと畑の緑一色でしたが、殺虫剤や農薬の影響でしょうか?・・・本来なら 多くの昆虫が見られるはずなのに、普通種のトンボやチョウさえも 見かけませんでした(わずか、シオカラ1頭、ヤマト数頭が居たのみです)。昆虫が居ないと、“死の世界”のようで、不気味でした(>_<)

*************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-22 18:38 | チョウ

懐かしの故郷!

10月17日・18日、四国の“ふるさと”に 帰省しました!

岡山で新幹線から、JR瀬戸大橋線 “マリンライナー”に乗り換えて、瀬戸大橋(鉄道・道路併用橋、全長 約9.4km)を渡ります。
進行方向左(画面右隅)に、「屋島」(標高293mの半島形溶岩台地、地続きで、島ではありません)が見え始めました。
c0172139_11442353.jpg


瀬戸大橋を渡り切ろうとした時、前方に『讃岐富士』(飯野山・いいのやま、標高421.9m)が現れました!

 ■ 歌に詠まれた飯野山(Wikipediaより)

  「暁に 駒をとどめて見渡せば 讃岐の富士に 雲ぞかかれる」 昭和天皇

  「讃岐には これをば富士と いいの山 朝げ煙 たたぬ日はなし」 西行法師

  「稲むしろあり 飯の山あり 昔今」 高浜虚子

c0172139_12313719.jpg


そして、墓参りを兼ねて、久しぶりに、小学校の6年間を過ごした聚落を訪ねました。
とても懐かしい!

この池は、魚を釣ったり、夏になると 毎日のように泳いで遊んだ所ですが、この池の周囲を探しても・・・トンボもチョウも見当たりません。
タンボも畑(この聚落は、「桃の里」と呼ばれ、桃の産地です)も、殺虫剤や農薬が散布されるので、昆虫は激減したのでしょうか?(>_<)
c0172139_1152423.jpg

水辺の自然環境を取り戻そうと・・・こんな表示がありました!
環境破壊が 相当深刻のようです。
c0172139_1203192.jpg

自然環境の重要性が、この辺鄙な里でも認識されていることは、素晴らしいことですね!
是非、頑張って 昔日の“自然”を取り戻して貰いたいものです。
c0172139_1264910.jpg


     *************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-19 23:36 | 自然全般

実りの秋

郊外の田圃を覗いたら、ノビタキが一羽、実った黄金色の稲の“海”に 佇んでいました。
c0172139_23311970.jpg


     *************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-14 23:31 | 野鳥

珍チョウ??

珍しいチョウが吸蜜していると思い、ピントを合わせると・・・顔つきが『蛾』でした。
c0172139_10151198.jpg


昆虫研究家のPierisさまに お伺いすると、『・・・恐らくヤガ科のタバコガ、あるいはそのごく近縁種と思われます。タバコガといってもその食害する植物の科は広範囲で、農業害虫として有名です・・・』と、教えて頂きました。

昼間、吸蜜しているイカリモンガに出会ったことがありますが・・・この蛾に会ったのは、初めてで、珍しかったです! ヽ(^^)ノ
c0172139_10243740.jpg


     *************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-12 23:02 | チョウ
今日は晴!
30Km走って、NPO団体がギフチョウを呼び戻そうと、繁殖出来る環境を整備している、里山の跡地・・・“ギフチョウの里”を訪ねました。

休耕田に沿って歩いて行くと、交尾したトンボが飛んできました。
交尾個体に出会うのは、久振りですね!
c0172139_9321560.jpg

飛ばないように、静かに素早く接近して、カシャリ!
c0172139_9352650.jpg

ヒメアカネのカップルですね! カシャリッ!
c0172139_939388.jpg


     *************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-11 23:15 | トンボ

絶滅危惧種に再会!

明日より天気が崩れるという予報なので、晴れている今日、丘陵地の森を覗きました。
暫く森の中の歩くと、ポッカリ開けた所に出ますが・・・そこに数軒の集落と僅かのタンボがあります。黄金色をした稲穂が、重そうに 頭を垂れています。
“実るほど 頭を垂れる 稲穂かな”・・・・ですね! v(^^)

そこで、キョロキョロ左右を見ながら、ゆっくり歩いていると、杭に留まった赤いトンボを発見!
カシャリッと撮ってから、液晶を拡大して胸部(翅胸)を見ると・・・アキアカネのようですね! 少なくなっているアキアカネ・ナツアカネ類に やっと出会えました!(^^)/
c0172139_1030270.jpg

草むらの方に、チョウが留まっていました。
コジャノメとヒメジャノメは良く似ていますが・・・これはコジャノメの方でしょう。
c0172139_18314717.jpg

その先の杭にも トンボが留まっています。
翅の根元が黄色いですね! ネキトンボかな? カシャリッ!
胸部(翅胸)を見ると・・・ネキトンボ♀ですね。
c0172139_12241749.jpg

“根”元が“黄”色なので、ネキトンボです (^^)
絶滅危惧種ではありませんが、あまり見かけないトンボなので、ジックリ撮りました!
c0172139_1202939.jpg

真っ正面から!
c0172139_1274061.jpg

黄色い肩掛けをしているような感じです(^^)
c0172139_1210064.jpg

近寄って・・・アップで!
c0172139_1255688.jpg

着地する別個体のネキトンボ♀です。
胸部も赤い♂は 見あたりません。
c0172139_12111683.jpg


少し歩くと、雑草が生えた休耕田で、黄色いチョウが数頭 飛んでいます。
いつものように、絶滅危惧種のツマグロキチョウが居ないか・・・留まる度にピントを合わせます。
これは、キタキチョウですね。
c0172139_1832813.jpg

これも、キタキチョウでしょうね。
c0172139_18154440.jpg

こちらは どうかな? ・・・居ました!
後翅裏面に褐色条があるので、絶滅危惧種のツマグロキチョウ♂です!
c0172139_1821186.jpg

探せば居るものですね!v(^^)
c0172139_18231842.jpg


帰途、小川に立ち寄りました。 一級河川ですが、源流に近いので、こんな小さ川です。
c0172139_18403738.jpg

ハグロトンボが一頭居たのですが、撮れませんでした。
その替わり 老熟したカマキリを撮りました(^^)
c0172139_18443232.jpg

 

More: ■ツマグロキチョウの特徴
[PR]
by yukaina_sennin | 2010-10-08 23:31 | トンボ・チョウ