東海地方で自然観察をしながら、チョウ・トンボ・野鳥・山野草などを撮り、日本の四季を愉しみつつ、自然環境の悪化、地球温暖化、生きものたちの絶滅などを心配しています。最近、“写真俳句”を始めました。


by 愉快な仙人
カレンダー

<   2010年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

我が家は、緑が少ない都会の中心地に近い所にある、集合住宅の一階。
車一台分の大きさの坪庭があり、それは生け垣に囲まれているが、いつの間にか自然に生えてきたタンポポ・サルビア・カタバミ等がある。

(追記:坪庭の片隅に、水を入れた大きな甕(かめ)も置いています。小鳥が水浴びしたり、飲んだりするためのものですが、小鳥が利用している姿を 今まで見たことは 一度もありません^^;)
が・・・ジョウビタキ♂が 坪庭の地面で 餌を探していたことがあります(^^)


私が植えた植物は、ミニバラ2本とツルニチニチソウ、Norikoさまが送って下さった山椒の木2本、それと、5月からは、ゴーヤの“緑のカーテン”を作りました(^^)/
交通は便利ですが、“自然度”は低い坪庭なれど・・・驚くべき現象が見られます。

▼ タンポポにアゲハ来る! (4/29)
c0172139_22152015.jpg

▼ ヤマトシジミ、カタバミで吸蜜。(5/24)
c0172139_22305252.jpg

▼ アゲハの幼虫、山椒の葉っぱを食い尽くす。(6/8)
c0172139_22201722.jpg

▼ ヤマトシジミ、ゴーヤの葉っぱで休憩中(6/21)と・・・、
c0172139_2217212.jpg

ゴーヤの花で吸蜜中(7/20)
c0172139_1224555.jpg

▼ セミ(クマゼミ?)、ミニバラの木で 羽化! (7/21)
c0172139_22175499.jpg

▼ そして、小雨が降る今日・・・ぎゃあお! ウラギンシジミがゴーヤの葉っぱで、休憩中!
c0172139_22224652.jpg

その後、生け垣に!
林や森でしか見たことがないウラギンシジミが、我が家の坪庭に来るとは!・・・ビックリしましたね!(@_@)
c0172139_22191166.jpg

我が坪庭は、「生物多様性(Biological Diversity)」を 少しだけ実現していますねヽ(^^)/
開発し尽くされた都会でも、緑があれば、昆虫などが戻って来るのですから、日々の生活で、多様な生物と共存したいものです。
“都市部に緑を!”・・・の運動を始めたいくらいですね!(^^)

追記:7/30.......ゴーヤに水を遣っていると、セミが飛んで来て、鉄柵に留まりました!
急いで部屋からカメラを取ってきて、カシャッ!
クマゼミですね! 
c0172139_15515176.jpg

これだけの昆虫が来てくれる坪庭は、これからも、観察しなければ・・・と思いましたね。
c0172139_10514822.jpg


  ●御参考: 2010年10月 生物多様性条約会議(COP10)が、日本(名古屋)で開催されます。

     ***************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-29 21:24 | 自然全般
酷暑の中、あまり遠出を続けるとバテルので、今日は近場の丘陵地と、その近くの“魅惑の森”(私の命名です)を廻りました。
まず、“いつもの丘陵地”へ行くと アオイトトンボ(オオアオイトトンボにも見えます)が出迎えれくれました。 
c0172139_178458.jpg

池の周りを歩き出すと・・・出会ったのは、アサマイチモンジ。 最近、良く出会います。
このチョウと間違えやすいイチモンジチョウには なかなか出会えません。
c0172139_17102054.jpg

このシックな色のカメムシは、ブチヒゲカメムシでしょうね。
ダイズ、ゴマ、イネの穂などを食べる 害虫です。
c0172139_1711961.jpg

ハチを見かけると 撮るのですが、いつも余り綺麗に撮れません。
刺されたくないので、腰が引けるからでしょうか(^^;) これは、アシナガバチ?
c0172139_17143223.jpg

トンボも居ました。 ヒメアカネですね。
c0172139_17171339.jpg

時々 見かける、コガネムシの一種ですが・・・ヒメコガネ??
c0172139_1719889.jpg

このドーム型の網にぶら下がっているのは、地球温暖化のためか、北上中のスズミグモですね!
c0172139_17203111.jpg

拡大すると・・・なかなか複雑な模様をしています。
c0172139_1721546.jpg

マユタテアカネです。 この丘陵には、このトンボとヒメアカネが多いです。
c0172139_17232066.jpg

最近、クモに興味を持ったので、クモの存在に気付くことが多くなりました。
これは 何処にでも居る、シロガネグモでしょう。
シロガネグモには、オオシロカネグモ・チュウガタシロカネグモ・コシロカネグモの3種類がいます。その識別法は、ここ です! 
c0172139_17264644.jpg

このキイトトンボが居るところに・・・
c0172139_17362057.jpg

お待たせしました! 絶滅危惧種のベニイトトンボが生息しています。
c0172139_17324156.jpg

今回は、丹念に探しましたので、数頭見つけました。

     ***************【以下は広告です】*************
  
[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-28 23:38 | 自然全般

トンボを探して!

「トンボくらぶ」のTさんが、「サナエ・ヤンマ類は、大きな川と支流の合流点に多い。それも午前中に行かないとダメだ」と言うので、頑張って早起きして・・・50km走って、待ち合わせ場所へ。 しかし、現地に着いたら、10時半になっていました(^^;)
セミがジージー啼き、ウグイスが思い出したように 時折囀っていました。
c0172139_10124143.jpg

既に到着して、椅子まで据え付けて片手団扇のTさんと合流し、一緒に支流の川の中を歩きながら トンボを探します。
サナエ・ヤンマ類のトンボが時折飛んできますが、留まりません^^;、

前方の砂州で、アオスジアゲハの2つの群が、集団吸水をしていました! 
初めて見る 集団吸水です!(^^)/
c0172139_1135137.jpg

3~5頭の2群が1群になると迫力があるのですが・・・やはり待っても 1群にはなりませんでしたね^^;
c0172139_1059993.jpg


上空を ダイサギが通過しました!
c0172139_1121978.jpg

c0172139_11191412.jpg

c0172139_0104378.jpg

c0172139_11201825.jpg


桜の木に 飛んで来たチョウは・・・コムラサキ!
待っても 翅を開きませんでした^^;
c0172139_9555321.jpg


Tさんと別れ、車の中でコンビニ弁当を食べてから、川に沿った小道を歩きました。
c0172139_10131253.jpg

キタキチョウが花の蜜を吸いに来ました。
c0172139_1181994.jpg
c0172139_118593.jpg
c0172139_1194426.jpg

(青い、小さな花は 何でしょうね?)
c0172139_11102395.jpg

ガか飛んできて、いつもなら葉っぱの裏に留まるガが、表面に留まりました。
普段は撮らないガですが、翅が斬新なデザインなので、撮りました(^^)
博物学者のPierisさんから、ゴマダラシロエダシャクだと 教えて頂きました。
ありがとうございました!
c0172139_1153584.jpg

そもそも、チョウとガは近種のようですから・・・この↑ガのように 留まる時に葉っぱの表面に留まるのは、チョウに近いガ。
反対に、森の中のキタキチョウのように、葉っぱの裏に留まりたがるのは ガに近いチョウ・・・と言う気がしてなりません^^; 
葉っぱの裏に留まったキタキチョウです(在庫写真です)。
c0172139_12245781.jpg

移動してもう一つの川へ。
田圃の横の小径を歩いていると・・・
c0172139_11133494.jpg

交尾しているオオシオカラトンボが飛んできました。 
柵が鉄格子のように見え・・・“禁じられた恋”のような雰囲気が ありますね^^;
c0172139_0141558.jpg

また移動して、大きな川の橋の下へ。
アオハダトンボでしょうか?(ハグロトンボと紛らわしい)・・・のんびりと 翅を開いたり、閉じたり・・・。
c0172139_0133642.jpg

サナエ・ヤンマ類は、撮れなかったのですが・・・4カ所覗いたので、1434枚も撮り、夏の一日を満喫しました! 撮った写真の整理が大変でした(^^;)

     ***************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-26 23:54 | 自然全般
梅雨が明け、毎日快晴なので 気持ちがいいですね!
連日喜び勇んで、出撃しています!ヽ(^^)/

今日は、かねてから行きたいと思っていた35km先の無名の湿地へ、高速道路を使って行きました。
車を安全なところに停め、 **“東海自然歩道”を歩いて、湿地まで15分。

**東海自然歩道 とは?  
東海自然歩道(とうかいしぜんほどう)は、東京都八王子市の「明治の森高尾国定公園」から大阪府箕面市の「明治の森箕面国定公園」までの11都府県約90市町村にまたがる長さ1697kmの長距離自然歩道である。( Wikipediaより)


途中、鳥や蝉の啼き声がするので、立ち止まって啼き声を聞いていると、鳥が飛んで来て 遠くに留まったのが見えました。焦点を合わせる前に 飛び去りましたが・・・この色は キビタキでしょうね!(トリミングした証拠写真です)
c0172139_12234645.jpg


湿地に着くと・・・ハッチョウトンボが居ました。
“オベリスク姿勢”で、厳しい暑さに耐えながら 
c0172139_1217167.jpg

縄張りを守っている♂と・・・
c0172139_11271064.jpg

日陰で のんびり休みながら餌を待つ♀。 
c0172139_12182925.jpg

どの世界でも・・・♪“男は つらいよ~”^^;
c0172139_12192712.jpg


キイトトンボは 交尾していました。
c0172139_2235394.jpg


他にトンボを探しましたが、居ません。
それで、車に戻る途中、ヤマサナエのような大型サナエが留まりましたが、撮れず^^;
忙しそうに飛び回る ウラギンシジミ♂と・・・
c0172139_12332564.jpg

暗いところを好む オオシオカラトンボの♀を撮りました。
c0172139_12394128.jpg


森の中の池に寄ったら、 このオオシオカラトンボ(?)と・・・
c0172139_12344319.jpg

マユタテアカネか ヒメアカネか 判別できないトンボが居ました。
c0172139_12373090.jpg


移動して、川へ!
川縁で休むシオカラトンボ♂と・・・
c0172139_1250292.jpg

シオカラトンボ♀ (ムギワラトンボとも呼ばれます)と・・・
c0172139_12522255.jpg

吸水するキタキチョウと・・・
c0172139_12492036.jpg

アサマイチモンジチョウが居ました。
c0172139_12465834.jpg

アサマイチモンジの裏翅は 表と全く異なり、このような綺麗な模様です。
c0172139_12481263.jpg




     ***************【以下は広告です】*************
[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-23 23:56 | トンボ・チョウ

ゼフィルス! ヽ(^^)/

梅雨が明けると、快晴が続きますね v(^^)

今日は ヤンマかサナエが撮れないかと・・・30km走って また隣の市の、“自然観察の森”へ行き、以前、サラサヤンマが居た、暗い“シダの谷”へ降りて、木道を歩いて探しますが・・・オオシオカラトンボが居るだけです。
c0172139_22275684.jpg

ガッカリして立ち止まっていると、チョウがヒラヒラと飛んできて、草に留まりました。
(いつものヒメウラナミジャノメだろう)と思いながらも、念のためにピントを合わせてみると・・・ギャアー! これはゼフィルスの一種のシジミチョウでしょう!

追記:アカシジミかと思って、一度ここに そのように書いたのですが・・・昆虫博士のPierisさんに教えて頂きました。
チョウ目 シジミチョウ科 ミドリシジミ亜科の、ダイセンシジミ(ウラミスジシジミ)でした!
それにしても、7月も下旬なのに、良く生きて居たものです。 

c0172139_02142.jpg

今年は とうとうゼフィルスを撮れなかったと思っていたので・・・嬉しかったですね!
往復60km・・・行った甲斐がありました!
c0172139_017562.jpg

それから、近くの森へ移動。
オオシオカラの交尾と・・・

c0172139_1012564.jpg


ショウジョウトンボは、トンボ科のトンボですが・・・トンボ科のトンボは このように 太陽光線をまともに浴びないように、倒立(逆立ち)して太陽熱をかわしています。
c0172139_10144527.jpg

テリトリーを守るために、工夫をしながら暑さを我慢しているのです。
c0172139_10174579.jpg

この倒立(逆立ち)姿勢を、“オベリスク姿勢”と言います。
c0172139_1018519.jpg



     ***************【以下は広告です】*************
[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-21 20:50 | トンボ・チョウ
7月17日の梅雨明けを待たず、連日出撃しているために 画像整理が間に合いません(^^;)

今日は、山麓の森に行ったのですが、トンボが居ないか 探しながら歩いていましたら・・・タカラダニをつけたセミが目の前に....啼き声もなく、佇んでいました。
c0172139_23332838.jpg

画像が暗くて 見にくいですが・・・これは ハルゼミ(エゾハルゼミ?)でしょうか?? 
なんだか 石のような ゴツゴツした感じですね^^;
ハルゼミなら 初見・初撮りです!
c0172139_2334157.jpg


追記:我が国における双翅目の第一人者であるDipterophilus さまより、このセミは ニイニイゼミだと教えて頂きました。 ありがとうございました!

     ***************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-20 23:35 | 昆虫全般

クモ・蜘蛛・KUMO  

最近、クモに興味を持ったものですから、クモが目に飛び込んでくるようになり・・・また撮りました!
このドーム状の網の持ち主は、スズミグモでしたよね!?
c0172139_22582169.jpg

地球温暖化のためか(?) 北上を続けているクモです!
c0172139_22595264.jpg

スズミグモと地球温暖化による昆虫の北上につきましては、 ここ を御参照下さい。


***************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-19 23:43 | 自然全般

トンボの生態

c0172139_2272310.jpg



昨年8月、大学で行われたトンボ講演会を聴きに行った時、講師の先生に、「トンボの生態を勉強したいのですが、どうすればいいですか?」と質問したところ、トンボの生態を知るには、『トンボ博物学―行動と生態の多様性』を読むべき・・・と教えて頂きました。

   『トンボ博物学―行動と生態の多様性』
         Philip S.Corbet著
       出版:海游舎 (2007年3月刊行)
       価格:27,300円
       ページ数:798 ページ

ところが、高価な本なので、県立図書館から借りようと思っていたのですが、なかなか図書館に足が向きません。
そうこうしている内に、“グルーミング”のことが『トンボ博物学―行動と生態の多様性』に書かれていることを知り、(そんなに良い本なら 買ってトンボの生態を勉強しよう)と思い、
意を決して購入しました! 
新品には とても手が出ませんので、ネットで探した古本
(¥17520)を購入!(それでも高~い!^^;)

この本を少しずつ読み、これからは、トンボの生態についても 御紹介致したいと考えております。
御期待下さい!(^^)/

    ***************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-17 21:18 | トンボなど

雨でも出撃! ^^;

小雨ですが・・・外の空気を吸いたくて、出撃しました(^^;)
まず、“いつもの池”の近くにある緑地へ。
ここには、もともと子供のためのビオトープが地域のボランティアの方々によって作られており、各種のトンボが産卵に来ていた所ですが、今年の春に公園に整備され、水が流れる大規模なビオトープに造り替えられています。

雨も殆どやみ、まず目に付いたのが、花に留まったベニシジミでした。
c0172139_0361631.jpg

そこへ ヒメウラナミジャノメもやってきました。
c0172139_22502345.jpg

異種が平和共存です! 
「仲良きことは 美しき哉」
「君は君 我は我なり されど仲良き」
(武者小路実篤)
c0172139_22514533.jpg

シオカラトンボも飛んで来ました。
自然写真を撮り始めてから この6年間、同定するために 野鳥や昆虫のデッカイ画像ばかり撮ってきましたが、それではフォトコンテストに応募する作品は出来ません。
これからは、このように被写体を小さくして、周囲の雰囲気を入れた画像も撮ろうと、思いつきました(^^)
c0172139_037423.jpg

ツバメシジミも飛んで来て・・・
c0172139_0401343.jpg

翅を広げ始め・・・
c0172139_0415552.jpg

そして全開!
c0172139_0425178.jpg

ここまで撮っている間、蚊の猛攻撃に遭っていました。
大雨が降ると、血を吸う動物も居ないから、蚊もお腹を空かせていたのでしょうね^^;
耳から目の周り、手と足・・・服の上からも血を吸われたのをカウントすると・・・20個所も!
痒くて痒くて 車まで戻り、“かゆみ止め”を塗って、ここから退散です!
それから、“いつもの池”を覗くのですが・・・画像未整理のため、今日はこれまで!
m(_ _)m

【追記】“いつもの池”で撮りました。
チョウトンボ
c0172139_23283484.jpg

ヒメアカタテハ
c0172139_23352685.jpg

ヒメウラナミジャノメが、吸蜜しているところを目撃するのは、珍しいことです。
c0172139_23365867.jpg
c0172139_23401842.jpg


    ***************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-14 23:20 | トンボ・チョウ

天気悪し!

小雨が降ったりやんだりですが・・・“トンボ池”へ。
傘を持って 池の水際を歩くも・・・何にも居ません。
どこからか この池に来て 2冬を越したコブハクチョウが泳いでいるだけでした。
c0172139_18534688.jpg

仕方なく、この池の近くにある “いつもの池”へ移動しました。
ベニシジミが飛んできて、出迎えてくれました(^^)
c0172139_2040511.jpg

少し先にはアオメアブ・・・が。
c0172139_18564877.jpg

右のフェンスの際には・・・これは立派な成虫のナガコガネグモですね! 
これだけ大きいのは ♀でしょうね。
c0172139_2054964.jpg

池の水際へ降りると チョウトンボが留まっていました。
c0172139_2101055.jpg

少し待っていると 時折 陽が射します。翅が輝くように その時を狙って カシャッ!
c0172139_20442366.jpg

池の方を眺めると・・・天気が悪くても、チョウトンボの他に、コシアキトンボ、ショウジョウトンボが飛び、ウチワヤンマのような大型トンボが岸に沿ってパトロールをしているのが見えます。
コシアキトンボは なかなか留まりませんが、時折翅を休めるために小休止しています。
c0172139_213262.jpg

このヒメウラナミジャノメは どこに行っても煩いほど飛んでいるチョウですが、今年は少ないような気がします。
最近、スズメの数が相当少なくなっているそうなので、このチョウも希少なチョウになる前にカシャッっと記念撮影!(^^)
c0172139_21154958.jpg

ツバメシジミは花と遊び・・・
c0172139_2122320.jpg

ルリシジミは強風に 薙ぎ倒されていました。
c0172139_2136840.jpg




      ***************【以下は単なる広告です】***************
[PR]
by yukaina_sennin | 2010-07-12 23:44 | トンボ・チョウ