東海地方で自然観察をしながら、チョウ・トンボ・野鳥・山野草などを撮り、日本の四季を愉しみつつ、自然環境の悪化、地球温暖化、生きものたちの絶滅などを心配しています。最近、“写真俳句”を始めました。


by 愉快な仙人
カレンダー

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日は快晴で、風もそれほど強くなく、冷たくもないので・・・昼頃、高速に乗って、また30km離れた山麓を目指しました。 
この山の山麓です!
c0172139_235034.jpg

里山に着きました! (お爺さんに会って ブロッコリーを1個貰った里山です。このような地形を 土地の人は洞《ほら》と呼ぶのでしょうか?)
車を降りると、キジが歓迎して コーコー と2声 叫びました! 
その後、ウグイスが ゆったりと・・・ホーホケキョ! 
のどかな山麓の風景です!
c0172139_2354544.jpg

行ったことがなかった坂道を登って見ると・・・至る所にハルリンドウが咲いていました!vemoticon-0100-smile.gif
c0172139_03176.jpg

このハルリンドウを撮っていると、一台の車が近くに停まり、一人の中年の男性が降り立ちました。
何か言いたそうにしているので、
「ハルリンドウがありますよ」
「そうですね。 私はこの近くの病院に勤めているのですが・・・」
「ドクターですか?」
「いえいえ、技師なんですが・・・昼休みに 良くここへ来ます。 気が休まるんですよ」
「そうですよね。“自然” の効用ですね!」・・・などと、話しました。
c0172139_042344.jpg

さらに坂を上ると・・・数羽の鳥が 地面から枝に飛び移りました!
急いで撮ったので、 ピンボケです^^; これは・・・ヒバリ? ビンズイ?
 えみこちょさんから、カシラダカと 教えていただきました。 ありがとう御座いました!
この種の鳥は 同定が難しいですね^^;!
c0172139_0183336.jpg

シオヤトンボを 昨年4/9に撮った所に行ってみましたが・・・やはり まだのようです。
丘の頂上に 菜の花があったので、何か居ないかと 探してみると・・・ハチが居ました!
c0172139_03048100.jpg

こんな繭もありました。
これは、ヤママユガ科の蛾・・・ウスタビガ(薄手火蛾)の繭だと、Nephilaさまに教えて頂きました(ありがとう御座いました!)。 
6月中旬~下旬に繭(緑色)を作り、11月ごろに羽化して蛾になるようです。
c0172139_1452021.jpg

なぜか、上と下に穴が開いています。
c0172139_1484890.jpg

引き返してくると、坂の途中のブロックの上に何か居ます。
(落ち葉が立っているはずがない)と思って よく見ると、チョウです!
c0172139_0342551.jpg

翅を開くと・・・ルリタテハ(成虫越冬)でした。
c0172139_0381414.jpg

翅を全開!
c0172139_1505882.jpg

お爺さんのブロッコリー畑の横を通り過ぎようとした時、白いチョウがヒラヒラ飛んできました。
目で追っていましたら、6m先に着地しました。 モンシロチョウだろうと思って、近寄って、レンズを向けると(今年は まだモンシロチョウを撮っていませんので、モンシロでも良かったのですが^^;)・・・
ぎゃあー! 図鑑で見たことがあるウスバシロチョウ!????
c0172139_045425.jpg


帰宅して、図鑑を見ましたが・・・残念ながらウスバシロチョウじゃないですね。
とすると・・・スジグロシロチョウ・春型でしょうか? 専門家の方々に 照会中です!

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-31 00:05 | チョウ

晴天なれど 強風!

今日は晴れましたが、外へ出てみると 冷たい・強い風が吹いていましたので・・・(これではチョウも飛ばないだろう)と思い、遠出は中止して、近場を回りました。
c0172139_054167.jpg

早春のチョウであるコツバメ(蛹で越冬)を撮ったことがある公園の日溜まりを 念のため覗きましたが・・・何も居ません。
そのうち、ビロウドツリアブ(ハエ目 短角亜目 ツリアブ科)が、ホバリングを始めました! これも初春の昆虫です。 
ホバリングを撮ろうと、数分間 格闘して、やっと撮れました!
c0172139_092941.jpg

c0172139_095338.jpg

丘陵地でスミレを撮り、
c0172139_011162.jpg

別の公園で、桜を撮りました!
c0172139_0132156.jpg

今日は、被写体が少なかったですが、自然の中で半日過ごして・・・スカッとしました! v(^^)

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-29 23:58

♪ 春の小川

やっと晴れました!
急いで、川岸の道を通って 昨年 トンボを良く撮りに行ったことがある 丘陵地へ!
 (遠くに見える山の方です)
c0172139_2041463.jpg

丘陵地に着きました。
雲が低く・・・手が届きそうです!
c0172139_0363080.jpg
 
時期が来れば トンボが多い丘陵地の小径には 桜が咲いて・・・
c0172139_2044359.jpg

♪♪春の小川は さらさら行くよ・・・
c0172139_2051492.jpg

風も強く 冷たいので、チョウは飛んでいません^^;
午後3時だというのに 月がでていました!
c0172139_20582947.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-26 23:32 | 自然全般

白いタンポポ

毎日、良く雨が降りますね。 撮影に出撃 出来ません(-_-;
春を飛び越して、6月の梅雨になった様な気がします。、
例年、この時期は こんなに雨が多かった でしょうか?
覚えていません(認知症になるには チト早いです)(>_<)

先日、車を走らせていたら・・・ちょっと変わったタンポポを見ました。
それで、車を停めて よく見たら・・・白いタンポポでした!
周辺に もう2・3株 あります。
c0172139_2154296.jpg
c0172139_2161726.jpg

c0172139_2165118.jpg

帰宅して、検索したら・・・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に次のように書かれていました。

シロバナタンポポ (白花蒲公英) 
シロバナタンポポは、キク科タンポポ属の一種で多年生植物。
日本在来種であり、本州関東以西、四国、九州に分布し、西の方ほど多い・・・

こんなタンポポも あったんですね! びっくりでした!(^^;)

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-25 21:19 | 山野草

春の山麓へ

今日は天気が良くて 春爛漫のような雰囲気!
それで 足を伸ばして 25km先の里山(山麓)まで、高速を利用して行ってみました。
狙いは、例年、4月初めに出てくるシオヤトンボです。

里山を歩いて 暫く行くと、日当たりの良い所から 何かが飛びました。
チョウのようでしたから 待っていれば戻って来るらしいので、暫く待っていると・・・戻ってきました! v(^^)v 
成虫越冬の ルリタテハでした! 
厳しい冬の寒さを乗り切ったためか、翅が痛んでいますね^^;
c0172139_23115318.jpg

例年、シオヤトンボ(トンボ目トンボ科)が撮れる湿地の近くを彷徨きましたが、やはり まだ早いようです。
それで、車の所に帰ろうとして歩いていると、前方から お爺さんがトボトボと 歩いてきたので、挨拶すると、立ち止まって・・・
「何を撮ってますか?」
「野鳥とかチョウとかを 撮ってます」
ハルリンドウ(春竜胆, リンドウ科リンドウ属の二年草)が 私のタンボの横に咲いているんですが・・・見ますか?」
「遠いですか?」
「15分くらい歩きますが・・・」
「行きます。見せて下さい」・・・と言うことで、話しながら 一緒にハルリンドウに向って歩きました。
イノシシが出没して 作物が食べられてしまうと、こぼしていました。 
イノシシを捕獲する大きな檻が 林の中に置かれているのが チラッと見えました^^;

ハルリンドウは、山麓の林に接したタンボ(このような地形をこの地方の人たちは“洞”<ほら>と呼ぶそうです)の横の斜面に、チラホラ咲いていました。
山からの水が滲み出すようで、湿地のようになっている所でした。
c0172139_23341662.jpg
 
c0172139_18553479.jpg
ショウジョウバカマ(猩々袴、ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草)と・・・
c0172139_23473894.jpg

スミレ(スミレ科スミレ属の植物の総称)も咲いていました。
c0172139_23485250.jpg

山麓には 何桜か判りませんが、満開でした!
遠くで ウグイス(ウグイス科、留鳥・漂鳥)が囀りました・・・ホークエキョ! (^^)
まだ 囀り方の練習中で、“正調”では囀れないのですね^^;
c0172139_23502199.jpg

別れる時、お爺さんは、「持って行きなさい」と、畑のブロッコリーを 一つポキン!と折って、手渡してくれましたm(_ _)m

家に持って帰ると、同居人が・・・「こんなに新鮮なブロッコリーは見たことがない! もっと貰ってくれば良かったのに・・・」と、欲が深いことを言いました(^^;)

そうそう・・・鳥は、ジョウビタキ(冬鳥・ツグミ科)と・・・
c0172139_18473283.jpg

ツグミ(ツグミ科・冬鳥)が まだ故郷へ帰らずに 居残ってました!
c0172139_18492665.jpg


<追記>
スミレについて、えみこちょさんから 以下のコメントを頂きました。

>スミレはシハイスミレかその変種のマキノスミレだと思います。いずれもこちら千葉ではとても少ないもので珍しいです。

このスミレの近くに咲いていた もう一つのスミレを UPします。
こちらの方が 葉っぱが良く見えます。同じ種類の スミレかどうか??
c0172139_2040572.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-22 23:24

大収穫! ヽ(^。^)ノ

また 天気予報が狂い、陽が射してきたので、早春に出現するテングチョウを撮ろうと思い、例年テングチョウが現れる公園へ行ってみました(ルリビタキが居た公園です)。
やはり 居ました! 
良いところに留まってくれた これが、成虫で越冬したテングチョウです!
c0172139_18535762.jpg


目的のチョウが撮れたので、移動して あまり行かない緑地へ行ってみました(丘陵地です、12:30pm着)。
ここでは これまで 良いモノが撮れた ためしがありません
^^;
今日も期待せず・・・菜の花畑があったので、(ミツバチ以外に 何か来てないかな?)と見て歩くと、蝶の様な形が!
えっ?!と思って よく見ると・・・
ぎゃあー!(@_@)
生まれて初めて出会った ゼフィルスの一種のようなチョウでは ございませぬか?!

(5月下旬から7月にかけて 出現するゼフィルスが・・・何故この時期に?!)と混乱しつつも・・・兎に角 撮らなければと思って、心臓がパクパク!^^;
c0172139_21501137.jpg

帰宅してから図鑑を見ると・・・『トラフシジミ♂・・蛹で越冬し、4月下旬~5月、7月~8月の2回見られる・・・全国に生息し、食樹も広範囲にわたるが、数はそう多くない。・・・』と判明。ゼフィルスの一種では ありませんでした(^^;) 
しかし、通常より一ヶ月も早く出現したのは・・・地球温暖化のせいでしょうか? (>_<)
c0172139_1905596.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-18 19:01 | チョウ

東奔西走の日々?

昨日、河口を覗いたら・・・ギャアーギャアー鳴いている鳥が居ました。
遠くに 比較的大きな この鳥が居たので、鳴いていたのは この鳥かと思いました・
c0172139_20323922.jpg

ウミネコ(留鳥・漂鳥)でしょうか? オオセグロカモメ(冬鳥・留鳥)でしょうか?
c0172139_2029719.jpg

これは 変わった色をしていますね! オオセグロカモメの若鳥でしょうか?
c0172139_20335413.jpg

絶滅危惧種ミサゴ(タカ科ミサゴ属、留鳥)が2羽 川の中の枯れ木に留まっていました(300mくらいの距離があるので、証拠写真です^^;)
多い時には 5羽も留まるそうです。
c0172139_2343843.jpg

今日は 曇りだったので、出撃が危ぶまれたのですが、正午過ぎに陽が射してきました。
それで、出撃しようと 坪庭を横切ったら ツルニチニチソウの蕾がありました。
明日には 花が開きますね!(^^)
c0172139_22493099.jpg

3/17 追記:
今朝は 風が少し冷たかったのですが 晴れたので出撃!
坪庭で、ツルニチニチソウを見たら・・・未だ蕾のままでした。
夕方 帰宅して 再度見たら・・・開花していました!(^^)/

c0172139_22464351.jpg


ルリビタキの様子を見に行ったのですが、やはり旅立ったようですemoticon-0106-crying.gif
別れの挨拶をして置いて、正解でしたemoticon-0108-speechless.gif
替わりに キタキチョウ(成虫越冬)が居ました。
なかなか留まらなかったのですが、やっと落ち葉の上に鎮座してくれました!(^^)
c0172139_22525298.jpg

コバノミツバツツジも咲き始めました!
c0172139_1118012.jpg

c0172139_22584748.jpg

移動して、“いつもの池”へ行ってみました。
冬鳥のシーズンは終わったとして、もう カメラマンは 誰も来ていません。
静まりかえっていますが、 時折 キュルルルル・・・と、カイツブリ(留鳥・漂鳥)の鳴き声が水面を走ります。
c0172139_10552882.jpg

池を見回すと・・・ハシビロガモ(冬鳥)が まだ10数羽と・・・
c0172139_111174.jpg

 (大きな嘴で、プランクトンを濾しとって 食事しています。)
c0172139_1123352.jpg
c0172139_113295.jpg

キンクロハジロ(冬鳥)のカップルが まだ居ました。
c0172139_1162355.jpg

帰ろうとしたら・・・「さようなら! また来てね」と、羽ばたいてくれました(^^)
c0172139_11161615.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-16 20:22

暑い!

今日は晴れて 暑~い!汗だくになりました^^;
ボランティア活動が入っているので、午前中に15分くらい ルリビタキの様子を見に行ったのですが・・・居ません。 旅立ったかな?(?_?)

ボランティアを終えて、午後2時、初めての公園へ行きました。
ウグイスが、 ケキョ ケキョ・・・と啼き、一呼吸置いてから・・・か細い声で ホーホケキョ と、囀りました!v(^^)v 
やっと春が来ました!

そして目の前に飛んで来たのが キタテハ!
成虫で越冬したのに 翅が綺麗ですね!
c0172139_01947.jpg

翅を閉じると こうなります。
中国には、「全てのモノには 陰と陽がある」と言う考えがあるそうですが(?)、これは正に、陽(表翅)・陰(裏翅)ですね。
c0172139_0214943.jpg

ちょっと歩いたら ツグミも居ました。
c0172139_043598.jpg

里山に移動すると、菜の花にミツバチが来ていました。
今年は ミツバチは 大丈夫なんでしょうか?!
c0172139_0151430.jpg

帰途、高台を通ったら、御嶽山が見えました(^^)
c0172139_0301350.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-14 23:26 | 野鳥

春の野原!

今日は 風は少し冷たいのですが 快晴!
快晴の日に ルリビタキは旅立つと思いますので・・・今日もルリの様子を見に行きました。

いつも 佇んでいる 木の枝には 姿がありません!
通り過ぎて 暫く歩いていると・・・フィ フィ フィ.....と啼く声が聞こえてきました。
声を辿っていくと・・・居ました!(^^)
c0172139_082616.jpg

まだ居ることが確認出来たので、ルリに別れを告げて 野原へ移動しました。

スズメの群が いるな?!・・・と思って、望遠レンズを向けると、中にカワラヒワ(留鳥・漂鳥)が数羽居ました。
車を少し近づけて、窓を開けてから エンジンを止め、待つこと1分。
カワラヒワが 近づいてきました!v(^^)v パシャッ!
c0172139_23253846.jpg

草の種や花(?)なんかを 食べているようです。
c0172139_23274988.jpg

カワラヒワ撮りに夢中になっていましたが、何かが動いたのが 目の片隅に入りました。
キジ(留鳥)です!
例年 4月初め頃 現れるのですが・・・今年はチョット早いですね!
c0172139_23344543.jpg

ツグミ(冬鳥)も まだ 滞在しています。
c0172139_23454426.jpg
c0172139_23385846.jpg



More:  カワラヒワの羽
[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-11 23:46 | 野鳥

猛禽 猛禽!

今日は、 曇り・雨の予報だったのに 晴れました!
地球温暖化で 長期の予報は難しくなっているのは判りますが、明日の天気の予報も出来ないようじゃ・・・気象庁は 何をやってるのだか?^^;

晴れたので、まず最初に、ルリ君の様子を見に行きました!
公園に着くと グ...グ...グッ.....と啼いているので、(まだ居た!)と嬉しくなって、声の主を捜しました。相変わらず 元気なルリ君がいました!
c0172139_0575011.jpg

「山の方が寒くなったら、また ここへ 帰って来てね!」
c0172139_183587.jpg

同じ個体とは限りませんが、ここの環境がルリビタキに適しているようで・・・毎年 ルリビタキが ここに来ます。9ヶ月後には また来ると思いますね! v(^^) 
c0172139_175321.jpg


移動して、久しぶりに “いつもの丘陵地”へ!
小川に沿って歩いているとフィ フィ フィの啼き声が・・・。
(ルリビタキかな?)と思ったら・・・オレンジ色が飛びました。
ジョウビタキ♂でした!
c0172139_10324871.jpg

ここには ジョウビタキ♂♀が毎年来るのですが、数回見に来ても ジョウビタキ♂に会えないので、 今シーズンは来なかったのだろうと思っていました。
帰る頃になって やっと会えました^^;
c0172139_10365992.jpg

少し歩いて 池の方に向かっていると・・昨秋に実験が開始された“タンボ魚道”(小川とタンボを結んで タンボで魚を育てる実験)のタンボにダイサギが来ていました。
魚が沢山居るようです。
c0172139_10573680.jpg

池の所に出ました。 毎年、トンボを良く撮りに来る池です。
ジェット機の飛行音が聞こえてきたので、空を見上げると・・・なんと! 猛禽が!
c0172139_10423455.jpg

これを拡大すると・・・トビ(トンビ、留鳥)ですね!
身近な猛禽ですが、 タカ目タカ科の鳥です。
c0172139_1044228.jpg

池に沿って歩き、もう一つ奥の池に行くと・・・何かが飛びました!
c0172139_112869.jpg

ミサゴ(準絶滅危惧種)ですね!
必死で撮りました! (距離があるので 拡大しています)
c0172139_1111312.jpg
c0172139_1112971.jpg

c0172139_11175957.jpg

c0172139_11192921.jpg
c0172139_11223266.jpg
c0172139_11231139.jpg
c0172139_1124482.jpg
c0172139_11252843.jpg


ミサゴの解説は ここ(オンライン野鳥図鑑)を御参照下さい。
(^^;)
http://www.yachoo.org/Book/Show/139/misago/

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-03-10 23:47 | 野鳥