東海地方で自然観察をしながら、チョウ・トンボ・野鳥・山野草などを撮り、日本の四季を愉しみつつ、自然環境の悪化、地球温暖化、生きものたちの絶滅などを心配しています。最近、“写真俳句”を始めました。


by 愉快な仙人
カレンダー

<   2009年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

現在、地球温暖化により、将来、異常気象の増加、森林の砂漠化、水不足の発生、穀物生産の低下と食糧不足など、様々な影響が予測されていますが、昆虫の世界では、既に地球温暖化の影響ではないかと思われる現象が起こっています。

その一例として、以前、私が当地の山麓で撮影した、あたかも “英国紳士がパラシュートで降下しているような” クモ=『スズミグモ』が挙げられます(このクモは、南方系の『スズミグモ』だと、九州のクモの専門家 “えしま”さんに教えて頂きました)。

この南方系の『スズミグモ』は、地球温暖化のためでしょうか・・・その生息範囲を徐々に北へ拡大し、当地で生息しているのみならず、1980年には、神奈川県で発見されたのを皮切りに、同県内で続々と発見され、既に埼玉県でも発見されているようです。
c0172139_115183.jpg

下の写真は、一週間前の8月 23日に、丘陵地で撮影した『スズミグモ』で、私が当地で撮影した2例目です (このクモの名前も、“えしま”さんに教えて頂きました)。
c0172139_1222599.jpg


地球温暖化に伴うとみられる昆虫の北上は、この『スズミグモ』にとどまらず、南方系の蝶のツマグロヒョウモン、イシガケチョウやナガサキアゲハなど、多くのチョウが 同じく北上しています。
南方系のチョウ、クロマダラソテツシジミは、2007年には兵庫県宝塚市~大阪府池田市にかけて、植栽のソテツで発生したようですが、現在、北九州一円のソテツで大発生中です。

南方系のトンボ・・・例えば、『タイワンウチワヤンマ』も北上しています。
   (これ↓↓ はウチワヤンマですが、外見はタイワンウチワヤンマと殆ど同じです)
c0172139_2035999.jpg

この『タイワンウチワヤンマ』の北上について、『神戸のトンボ』(青木典司氏)の記述を要約すると、次の様になると思います。
1934年に『タイワンウチワヤンマ』が高知県で発見され、1938年には鹿児島県、宮崎県でも出現が記録されています。そして、1950年代は,九州では熊本県と長崎県に,四国では徳島県に初記録が出ています。
1960年代にはさらに分布が北に広がり,九州では佐賀県と福岡県、そして山口県で初記録が出ています。
1970年代になると岡山県の記録が出て,瀬戸内海地域へ本格的な進入が始まりました。またこの時期(1971年)には隔絶した記録として三重県で本種が初記録されています.さらに,1979年和歌山県にも進入しました。
1980年代には瀬戸内海沿岸地域全域で見つかるようになり,さらに紀伊半島の沿岸地域や愛知県でも記録が出ています。1990年代には静岡県で記録され、2000年には、三浦半島に到達したようです。


このように地球温暖化により、北方各地域での生息が可能となったため、南方系の昆虫が北上し、定着するとなると、従来から そこに定着していた昆虫は更に気温が低い北方へ移るか、上昇した温度で死滅するか、新たにやって来た南方系の昆虫との生存競争に敗れて死滅するかなどで、従来からの生態系が破壊されることは避けられず、そのために 今後、深刻な問題が惹起されるのではないかと危惧されます。

[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-30 11:41 | 昆虫全般

何トンボ??

c0172139_10594893.jpg

先日撮影した このトンボ・・・翅の先端に黒褐色の紋があります。
何トンボか、苦手の同定を 敢えてやってみましょう!(^^;)

翅に黒褐色の紋があるトンボは、次の6種類だけです。

①ノシメトンボ
②コノシメトンボ
③マユタテアカネ ♀
④リスアカネ

⑤ミヤマアカネ
⑥コフキトンボ ♀


⑤と⑥の黒褐色の紋は、 翅の先端ではなく、位置がやや内側にズレますので、まず、このトンボは⑤⑥ではないことが 判ります。

次に、①のノシメトンボは、「腹部」が赤くならないし、顔面には眉班があるので・・・このトンボはノシメトンボでないことが判ります。

②のコノシメトンボは、「胸部」が赤いので、黄と黒のこのトンボは、コノシメトンボでもありません。

③のマユタテアカネは、胸部に黒条が殆どないし、顔面には眉班があるので、違いは歴然としています。

・・・と言うことで、このトンボは、④のリスアカネ(今年 2度目の撮影かな?
)と言うことになります。
トンボに詳しい方、加筆訂正をお願いします!
c0172139_1101057.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-27 11:03

初めての森へ

県内で生息しているトンボを全種類撮影しようと意気込んでおられる『T』さんからお誘いの電話があり、一緒にトンボを撮りに行くことになりました。
今まで、私が行ったことがない 郊外の森で、『T』さんのフィールドです。

携帯で連絡を取り合いながら、待ち合わせ場所に向います。
指示された通り、JAの事務所から右折。くねくね曲がった小道を抜けると、『T』さんが車の横に立っているのが見えました。周りは まだ緑色の水田です。イノシシが出るそうで、被害を防ぐために、電流を通した電線が引かれています。

長靴に履き替え、いよいよ撮影開始です。 
両側に 雑草が茂った小径を行きます。
まず、出迎えてくれたのはキイトトンボでした。
c0172139_1651572.jpg

次に現れたのは、マユタテアカネ♂未成熟個体でした。
c0172139_932378.jpg

成熟したマユタテアカネ♂も居ました。
c0172139_1824222.jpg

その次に ヒラヒラと飛んできたのは やや大型のヒカゲチョウ!
c0172139_16571995.jpg

今年 初撮りの キマダラセセリも居ました!
c0172139_18271064.jpg

先に進んで行くと、頼りなさそうな影が フワリと飛びました。 アオイトトンボです。
c0172139_1701994.jpg

アオイトトンボは、留まっている時に翅を開くのが特徴です。
c0172139_1742092.jpg

昨年は 至る所で見かけた ヒメウラナミジャノメ・・・今年は少ないので、珍しくなって
撮りました^^;  
被写体が 快調に出てきてくれますね!(^^)/
c0172139_1749973.jpg

ノアザミに似ていますが、見かけない花が一輪あったので、カシャッ!
【追記: オコジョさんから “タムラソウ”だと教えて頂きました!】
c0172139_17115432.jpg

森の中で、ポッカリ開けたところに出ました。
何かの花に クマバチが来て、小さな花の根元に 太いストローを差し込んで、蜜を吸っています。
c0172139_18321789.jpg


また、雑草が茂った小道に入り・・・暫く行くと 池が見え始めました。
緑青の水面から眼を上に転じると、鳥らしい白いモノが。
珍鳥かと思ったら・・『T』さんが、「伝書鳩ですね」と言う。
c0172139_17173976.jpg

それから、深みに入らないように注意して 池の中をジャブジャブ歩いて、ハッチョウトンボが生息している、湿地状の所へ。
時期的なこともあり、数は少なくなってきているそうですが、居ました!
c0172139_17245235.jpg

なぜか、♀がいません。
c0172139_17262651.jpg

ここから見ると、ハトがハッキリ見えます。
レースの途中に 疲れたので休んでいるのでしょうか?
c0172139_1728335.jpg


食事時になったので、引き返すことにしました。
来た道を、また辿ります。
ヒラヒラと飛んできたのは・・・わおー! アサマイチモンジでした!
c0172139_1733528.jpg

近づいてカシャッ! 
c0172139_1735691.jpg

カシャッ!
c0172139_2352630.jpg

ヤンマやサナエが飛ぶことがあるそうで、『T』さんは、時々道をそれて、谷川の流れを 見に行きます。 努力しないと、良い写真が撮れないのですね(^^)
こんなハギが咲いていました(何ハギか・・・花の名前は 例によって 撮り人知らず^^;)
【追記: オコジョさんから “コマツナギ”だと教えて頂きました!】
c0172139_17394424.jpg

音もなく留まっていたのが、ダイミョウセセリでした(後翅に白紋がない 関東型ですね)。 蟻?と一緒に、カシャッ!
c0172139_1744443.jpg

最後に現れしは・・・サトキマダラヒカゲでしょうか?
ヤマキマダラヒカゲと区別するポイントは、顔に近い所にある三つの小さな粒の並び方などですが・・・“く”の字形には見えないような感じですが・・・・
c0172139_1883463.jpg
 
絶滅危惧種には会えませんでしたが、初めて行ったフィールドは、何が出てくるか判らないので、ワクワクしますね!
『T』さん、お疲れでした。 半日 ありがとう御座いました! m(_ _)m

[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-23 23:27 | 自然全般

湿地生態園

今日は、トンボ撮り好きの知人が管理する、住宅街の一角にある、小さな、市内で唯一の・・・湿地へ行ってみました。
知人は不在だったので、園内でシオカラを撮っていると・・・
c0172139_2352472.jpg

「ノシメトンボが居ますよ!」 と、他の入園者に呼ばれました。
「はーい」と答えて、声のする方に向かっていると、別の入園者が;
「そこでキイトトンボが産卵してますよ」
(ん? キイトトンボの産卵は見たことない。こちらが優先だ)と思って、キイトトンボ探します。「そこですよ」
ちょっと距離がありましたが、居ました。証拠写真をカシャッ!
c0172139_23473722.jpg

小さな湿地園なので、他には何も居ません。
それで、また いつもの池へ。

ここにも、居ないですね(^^;)
コシアキトンボが目の前に留まったので、取り敢えずカシャッ!・・・カシャッ!
c0172139_01852.jpg

c0172139_045413.jpg

ショウジョウトンボが翅を光らせていたので・・・カシャッ!
今日は トンボやチョウがが少なくて、出撃するも ガッカリでした(T_T)
c0172139_07737.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-22 23:07 | トンボ・チョウ

ウシガエル

今日はトンボ池を覗いて見ました。
出迎えてくれたのは・・・住み着いているコブハクチョウでした。
水草が繁茂して、動き辛そうでした。
c0172139_16123422.jpg

池に沿って歩き出すと・・・いつものチョウトンボ♂が♀を待っていました。、
c0172139_1662296.jpg

c0172139_13521.jpg

立ち止まって ショウジョウトンボを見ていると、大きなウシガエルが浮き上がってきました。 流石にデッカイですね!
2・3枚撮ってから、次は横から撮ろうと・・・そうーと ゆっくり 横に少し動いたら・・・・気配に気付いたウシガエル・・・ゲッ!と一声残して ガボッ!と、潜ってしまいました^^;
c0172139_16184791.jpg

そうそう・・・カエルに気を取られ、忘れていたショウジョウトンボをカシャッ!カシャッ!
c0172139_1627113.jpg

c0172139_16304736.jpg


それから・・・いつもの池へ移動しました。
普段は 足音がすれば直ぐに水に飛び込み、姿を見せないカエルが、今日は良く顔を出します。
c0172139_1634153.jpg

コシアキトンボが あまりホバリングをせずに・・・留まっていました。
c0172139_16373734.jpg

暗いところで、何かがヒラヒラ。
ISOを1800に変更して、望遠レンズを覗くと・・・サトキマダラヒカゲでした。
c0172139_16441933.jpg

アブラゼミがジージー啼いています。
月並みのアブラゼミを 何とかして綺麗に撮ろうと・・・いろいろ立つ位置を変えたりしましたが・・・こんなものです^^; 
c0172139_1646048.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-21 16:48 | 両生類
市内や郊外の公園・池・緑地などを巡っていたのでは、被写体の種類も限られ、マンネリになります。
それで、今日は ちょっと遠出をして、他市の“自然観察の森”へ行ってみました。
森と言うより、山あり谷ありで・・・山麓の一角に広がっていました。

車を駐車したら・・・出迎えてくれたのは・・・木の枝に座ったアカガエルのようなカエルでした(^^)  ニホンアカガエルでしょうか?
c0172139_2328108.jpg

急な坂を登って、まず、ネイチャーセンター(事務所)へ立ち寄り、案内図と生き物の情報を頂く。

まずトンボを撮るために、“ヨシの湿地”を目指して、階段式の これまた急な坂を上っていくと・・・暗い林の中を飛ぶチョウが!
生息環境からすると・・・これは コジャノメでしょうね。初撮りかも?(これに、とても良く似たヒメジャノメは、林の近くの、明るい開けたところに生息しています)。
c0172139_123117.jpg

小径は、今度は延々と続く下り坂。少し歩きかけたのですが・・・(待てよ・・・帰る時に、またこの坂を上るのは大変だ)・・・と、“ヨシの湿地”へ行くことは諦めて、“トンボの湿地”へ向かうことにしました。

小径を登ったり降りたりするのですが・・・何も居ません。
ただ、聞こえてくるのは ジージーと啼くアブラゼミと、オーシツクツク・・・のツクツクボウシと・・・甲高いケッ ケッ ケッ・・・と聞こえるセミの啼き声(カナカナカナと啼くらしい ヒグラシかな?)のみです^^;

山の尾根に出たところで、小径が分かれています。
案内板を見ていると、後ろから 「こんにちは!」と明るい声。
来訪者かと思ったら、腕章がチラリ! 
同森の“レンジャー”・・・Kさんでした。
トンボのことを話し合っていると、「マイコアカネが森林公園で見られるそうですよ」と、
私が今一番興味を持っているマイコアカネのことが飛び出したので、驚きました。 
  (そのうち、森林公園にマイコアカネを探しに 行かなくっちゃ!)
トンボについての講演会があることも知り、帰りに事務所で詳細を伺うことにして・・・教えられた道を下ります・・・。

やっと、目指す湿地に到着。広い湿地で、木道が碁盤の目のように設置されています。
まず、オオシオカラが 眼に入りました。
c0172139_1162290.jpg

そして、仲良く並んでいるキタキチョウが・・・
c0172139_10523058.jpg

キタキチョウの交尾も・・・・
c0172139_10551183.jpg

ヒメアカネも居ました・・・
c0172139_1057519.jpg

他には、シオカラくらいで、珍しいトンボは居ません。
帰ろうと思って、ネイチャーセンター(事務所)への小径に入ると・・・綺麗な青が葉っぱの上で光ったのでビックリ!・・・ムラサキシジミでした!(^^)/
c0172139_1102550.jpg

近づいて もう一枚・・・!
c0172139_1123164.jpg

翅を閉じると・・・地味ですね~!^^;
c0172139_1162525.jpg


帰途、“いつもの池”に寄りました。
この池では初めてみる、コフキトンボが一頭、夕暮れの葦に、ポツンと留まっていました。 
今日は60km走ったので・・・、ちょっと疲れました。
c0172139_11123530.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-18 23:28 | 自然全般
昼頃、出撃しようと思って 車に向かっていると、小さなサンショウの木に またアゲハが来ているのが見えました。
悪い予感がしたので、チェックしてみると・・・・
ぎゃあー! 4匹もの幼虫が居ました!
また、ティッシュに包んで・・・車に乗せ、13日に移送した丘陵地に運びました。
その帰りに、“いつもの池”に寄りました。

出迎えてくれたのは、シオカラトンボ♀でした。
c0172139_2211816.jpg

シオカラトンボ♂も 近くで見ると、複眼が綺麗ですね!
「なかなか イケメンだね!」と声をかけると・・・
c0172139_2242917.jpg

「ボクのこと?」 (^O^)
c0172139_2264956.jpg

ショウジョウトンボ♂が 物思いに耽っていました!(^^)
c0172139_2283068.jpg

チョウトンボ♂も御登場!この池では、チョウトンボが案外飛び交っています。
c0172139_22101064.jpg

別のチョウトンボ♀(翅の色が黒っぽいので、紺色の♂と区別できます)が目の前に留まりました。
c0172139_0452740.jpg

ちょっと近すぎるので、遠くにいた♀を もう一枚・・・カシャッ!
c0172139_0481411.jpg

コシアキトンボが ところどころで ホバリングしています。
ホバリングを撮ろうと、ちょっと真剣になりました!

まず、飛翔をしばらく観察して、ホバリングする場所を見定めて、その距離にピントを置いておきます。 ホバリングが開始されたら、トンボをファインダーに入れて、手動でピントを微調整して、カシャッです!
成功しました!(^^)/
c0172139_164621.jpg

近くに飛んでくるトンボは ファインダーに入れるのが むつかしいのですが、これは ちょっと 出来過ぎで・・・大成功でした! ヽ(^。^)ノ
c0172139_181262.jpg

帰宅しようと思って歩き出したら、ノアザミにハラビロトンボが留まっていました。
c0172139_22402196.jpg

これ以上、幼虫騒ぎは 御免被りたいので、サンショウの木に、洗濯ネットを被せました(^^)v

[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-15 22:10 | トンボ

アゲハチョウの乱舞!

今朝、小さな植木鉢のサンショを見ると、また元気がありません。
(さては、またアゲハが卵を生んだんだ!)と思って、目の高さまで鉢を持ち上げて良く見ると・・・居ました アゲハの幼虫が3匹も!^^;

このままにして置くと、サンショは丸裸になり、アゲハの幼虫は食べる葉がなくなって
餓死してしまいます。
アゲハのお母さんは、小さなサンショの木が一匹の幼虫を育てる食草もないことまで判らずに 卵を産んでいったのですね。

仕方ありません。3匹の幼虫をサンショの葉っぱと一緒にティッシュに包んで、13キロの道のりを 丘陵地の“イヌザンショウ”の木まで 運びました。
イヌザンショウの葉の上に移すと、3匹がゾロゾロ歩き出しました。 元気に育ってね! (^^)/

このイヌザンショウの花の上で 乱舞したアゲハです(8/12撮影)
c0172139_20364951.jpg
c0172139_20391724.jpg

黒っぽい♂が、ちょっと黄色っぽい♀に求愛しているのでしょうね!(^^)
c0172139_20521047.jpg

もう一頭の♂が “待った!”をかけに 来たようです!^^;
c0172139_20555238.jpg

3頭入り乱れて 大変な騒ぎです!
c0172139_2057210.jpg

c0172139_20595311.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-13 20:39 | チョウ
台風の影響で、雨の日が続きましたが・・今日は、台風一過 快晴です!
今朝方、駿河湾を震源地とする地震もあり、お見舞いを頂きましたが、当方、台風にも地震にも被害が全くありませんでしたヽ(^。^)ノ  ありがとう御座います!

で、 まだ出会ったことがない “マイコアカネ”を探しに、郊外のタンボへ行きました。 
出迎えてくれたのは、バッタでした。
このバッタは、一見して地味なので、撮ったことがなかったのですが、レンズ越しに見ると 赤い足で・・・非常にユーモラスな顔をしていました(^^)
c0172139_915481.jpg

やはり、数年間探しても、出会ったことがない“マイコアカネ”が 簡単に見つかるはずがありません。
出会ったのは、あまり留まらない ウスバキトンボでした^^;
c0172139_110515.jpg

被写体が少ないと 面白くないので、普段はあまり行かない、丘陵地の小径を 少し歩きました。
セミが合唱する中で、キタキチョウが、“変な名前のカズラ”で^^;、吸蜜中でした。
c0172139_9242727.jpg

コミスジも飛んできました。
c0172139_9334658.jpg

東京のToolkitさんが、コミスジの背中の色をアップで撮っておられますが・・・本当に色が付いていますね。
c0172139_9322557.jpg

その後、いろいろなアゲハチョウが来ている、小川の横の花を、また見に行きました。
最初はクマバチだけでしたが・・・3:30pmを過ぎた頃から、アゲハ数頭、アオスジアゲハ3頭、ツマグロヒョウモン♂などがやって来て、飛び交うものですから、どれを撮ろうかと、迷いました。まず、アゲハから・・・・
c0172139_9511886.jpg

背景が虹色になりました!(^^)/
c0172139_9534412.jpg

表が黒っぽいのが♂?  ♀かな??
c0172139_958787.jpg

クマバチとのツーチョットです。
c0172139_1003781.jpg

こちらにもクマバチが入ってました・・・
c0172139_1022368.jpg

ニアミスですね。
c0172139_1041923.jpg

(ナミ)アゲハばかりupしましたが・・・アオスジアゲハも出番を待っています!
c0172139_1055689.jpg

c0172139_165220.jpg
  
c0172139_1685414.jpg

c0172139_1610249.jpg

アオスジアゲハは、動きが早いので、手強い被写体です^^;
c0172139_16231836.jpg

ツマグロヒョウモン♂も ハナバチ(?)が来たのでビックリ??
 (また、Pierisさんに 何ハナバチか聞いてみます)

■追記:
Pierisさんより、次の通りご教示頂きました。 ありがとう御座いました!
   このハチはハナバチではないです。
   狩り蜂の仲間ですが、多分ツユムシを専門に狩るクロアナバチのように見えます。
   ハチの成虫の多くは花の蜜や果汁、樹液などを吸います。


c0172139_16261814.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-11 23:12 | トンボ・チョウ

セミの宝物


▼気が弱い方・繊細な性格の方は、下の写真を見ないで パスして下さい!(^^;)

梅雨が明けたと思ったら、台風が接近しており、曇り・雨の毎日で、撮影に出撃できません^^;
で、在庫の画像から・・・・・
先日、撮ったニイニイゼミですが・・・腹部から足に 赤い粒がたくさん見えます。 
何だろうと思って、Pierisさんに、お尋ねしたら・・・タカラダニだそうです。
“タカラダニ”で検索すると、京都府保健環境研究所が、次の通り解説していました。

タカラダニ類の中には、幼虫期に、セミ、カマキリなどの昆虫類に寄生する種がいます。もともとは、セミに赤いダニがくっついていると宝物を抱えているように見えるということから、この種のダニをタカラダニと呼ぶようになったと言われています。
c0172139_18152767.jpg

自然界には、多様な生物が生きていて、面白いですね!
しかしながら、この生物たちが、人間の 経済開発や便利さを追求する行為のために、生息環境が破壊され、消滅しています。 
東国原(ひがしこくばる)・宮崎県知事じゃないですが・・・“どげんかせにゃいかん! ”ですね(^^;)

[PR]
by yukaina_sennin | 2009-08-10 18:15 | 昆虫全般