東海地方で自然観察をしながら、チョウ・トンボ・野鳥・山野草などを撮り、日本の四季を愉しみつつ、自然環境の悪化、地球温暖化、生きものたちの絶滅などを心配しています。最近、“写真俳句”を始めました。


by 愉快な仙人
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:絶滅危惧種( 9 )

これは ビックリ!

今日は、(冬鳥が来ているかな?)・・・と思って、“いつもの丘陵地” を歩いたら、白黒のチョウが飛んできました。
(コミスジかな? コミスジでも、この時期に見かけるのは 珍しい)・・・と思って、葉陰から望遠レンズでピントを合わせると・・・ぎゃあーぁぁ!
年に1・2回しか出会わない、 珍しいホシミスジでした(^^)/

【追記】・・・▼このチョウは、わが県では、絶滅危惧種Ⅱ類に指定されていました。

       ▼現在、絶滅が心配される種は全て、国の法令や各県・各市町村の条例で、殺傷・捕獲・譲渡・売買などを禁止すると共に、絶滅を防ぐ保護措置を講じて貰いたいものです。 
【例】 静岡県富士宮市の条例・・・クロシジミの捕獲禁止など。      
    岐阜県揖斐川町、愛知県岡崎市の条例・・・ギフチョウの捕獲禁止など。

c0172139_23304040.jpg

気候の異変によって、この時期に出てきたのかと 思いましたら・・・
c0172139_23351677.jpg

図鑑を見ると、成虫は初夏から秋にかけて見られるそうです。
よって、今の時期に成虫が見られても 不思議ではないのですね?(?_?)  
このチョウの越冬態は、 3齢幼虫だそうです。
c0172139_23353538.jpg


*************【 以下は広告です】***************
 




[PR]
by Yukaina_Sennin | 2011-11-13 23:35 | 絶滅危惧種

里の紅葉

今日は丘陵を歩きましたが、何も居ないので、帰途 “いつもの池”に寄りました。

アオサギが紅葉に見入っていました(^^)
c0172139_21104023.jpg

c0172139_21135781.jpg

池には、カイツブリと・・・
c0172139_21301163.jpg

羽を乾かすカワウと・・・
c0172139_21322597.jpg

コガモの小さな群が居ました。
c0172139_21361185.jpg

カモの中では、一番小さいコガモです。
c0172139_2201828.jpg

オオバンが、珍しく水から上がっています。
c0172139_21384958.jpg


以前、オオタカが留まっていた枝(80mの距離があります)に望遠レンズを向けると・・・
今日もオオタカが来ていました!v(^^) 
周囲の木々が、更に紅葉しています。
c0172139_21412513.jpg

拡大写真です。
c0172139_214213.jpg


【参考】紅葉の移り変わりが、よく判ります。
11/18のオオタカはここです。 
11/7のオオタカはここです。  

   *************【以下は広告です】*************

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-11-29 21:48 | 絶滅危惧種

絶滅危惧種!

何処へ行こうかと迷ったのですが 魅惑の森(私の命名です)へ 絶滅危惧種のベニイトトンボを見に行きました!
かろうじて、一頭だけ見つけて カシャリ!ヽ(^^)ノ
このベニイトトンボも、10月初旬には、居なくなるでしょうね。
c0172139_10373942.jpg

沢山飛んでいたキイトトンボは、シーズンが9月初めまでですから、一頭居ただけです。
c0172139_2326739.jpg


       *************【以下は広告です】************ *

[PR]
by yukaina_sennin | 2010-09-21 23:33 | 絶滅危惧種

“魅惑の森”へ!

キイトトンボも出て来たので、そろそろ絶滅危惧種のベニイトトンボも顔を出しているのではないかと思い、ベニイトトンボが生き残っている“魅惑の森”(私の命名)を覗きました。

森の入り口近くの、昨年ベニイトトンボを見かけた場所の草を、ソゥーと掻き分けると・・・捕まえたカノコガを料理中のクモが見えました。
クモの研究者である“えしま”氏より、オオシロカネグモの幼体である可能性が高いと、教えて頂きました。
c0172139_17331737.jpg

次に現れしは、緑色のハエです。
双翅目研究の第一人者:Dipterophilus氏に、名前を照会中です。
c0172139_17392312.jpg

森の小径をゆっくり歩くと・・・いろいろな昆虫が見られますね。
これは、ハラビロトンボです。
c0172139_17403361.jpg

♂や♀、成長段階の異なるハラビロトンボが、あちらこちらに数頭いました。
c0172139_18204379.jpg

キイトトンボ(黄糸蜻蛉)がウジャウジャ居ました。
c0172139_18213932.jpg

飛翔中のキイトトンボです。
c0172139_1822356.jpg

休憩中の♀です。
キイトトンボの目は、緑色で 綺麗ですね!
c0172139_18235730.jpg

これは、シマサシガメ。
・・・黒色で、腹部の側部と脚が白黒の縞模様になった、やや細身のカメムシ。
肉食性で、チョウ、ガの幼虫など他の昆虫を捕らえ、口吻を突き刺して体液を吸う。幼虫で越冬する。
・・・(“昆虫エクスプローラ”より引用)
c0172139_1825997.jpg

モノサシトンボ(モノサシトンボ科)です。
グンバイトンボ(モノサシトンボ科)の“軍配”ほど大きくはないですが、足の先がちょっと白いのは『モノサシトンボ科』の特徴でしょう。
c0172139_18263815.jpg

歩くたびに草が揺れ、その都度キイトトンボが飛び立つ・・・そのキイトトンボに混じって、一頭の紅いトンボがフワリと浮き上がり、飛んで、少し先に留まりました。
c0172139_17381942.jpg

ベニイトトンボです!
c0172139_17345282.jpg

周囲が暗いので ピント合わせが大変です^^;
c0172139_18165267.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2010-06-19 16:04 | 絶滅危惧種
今日は久し振りに晴れたので、かねてから情報をもらっていた絶滅危惧種のグンバイトンボ(トンボ目モノサシトンボ科)を撮ろうと、張り切って片道50kmを走りました! 
現地について、まず見かけたのが、このタツナミソウ(立浪草)です。
c0172139_11101947.jpg

面白い光景を目にしました。
モンシロチョウの♂が 求愛しているのですが、♀が腹部を立てて、交尾を拒絶するサインを♂に送っています。
言葉を介さずに会話が出来るチョウも、凄いですね!
c0172139_11321273.jpg

モンシロ♂は、盛んにアタックしたのですが・・・最終的にはあきらめて、飛び去りました^^;
c0172139_1559899.jpg

モンキチョウが吸蜜しています。
平和な光景ですね!
c0172139_11364786.jpg

キタテハの所へは ミツバチが飛んで行ってます。
のどかな風景ですね~!(^^)
c0172139_11351845.jpg


グンバイトンボは、湿地にいるのではないかと思い、湿地を覗くと・・・
c0172139_11201031.jpg

全長2cmにも満たない、日本最小のハッチョウトンボがいました。
c0172139_1121919.jpg

の近くには、が居ました。
c0172139_11222068.jpg

グンバイトンボがなかなか見つかりません。
探しあぐねて・・・ここで撮ったことのある知人に電話して、何処で撮ったのか聞きました。
教えられた所へ行くと、すぐに見つかりました!
これです!
の)中肢と後肢の頸節(けいせつ)が白く、軍配(ぐんばい)状に広がる特異な形をしているのが、おわかり頂けるでしょうか?!ヽ(^^)/
c0172139_22502523.jpg

故に、グンバイトンボです。イトトンボと同じくらいの大きさですが、イトトンボ科ではなく、モノサシトンボ科です。
c0172139_11552647.jpg

帰途、この森の近くの土産店に寄ったら・・・
埼玉の玉五郎さん
“玉ご郎”という“卵かけご飯”専用の醤油を売っていましたよ!(^^)/
c0172139_18265979.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2010-06-16 22:42 | 絶滅危惧種

やっと 会えました!

Livedoorの Blogを御使用中の皆様へ!
PCが復旧しました! コメントも正常に送れます。 御迷惑をおかけいたしました!m(__)m
      
        *******************


久しぶりに晴れたので、ベニイトトンボとゼフィルスを探しに、“魅惑の森”へ!
駐車して 森の入り口に向かう道を歩き始めたら、ツチイナゴの幼虫みたいなのが出迎えてくれて・・・
「いらっしゃいませ! 今日は期待できますよ」
と言う(ホンマかいな?)^^;
c0172139_126545.jpg

その次に会ったのが、一度ここで出会い、Pierisさんから名前を教えてもらったことがある ルリシジミの♀でした。
c0172139_12194116.jpg

ウグイスの啼き声とともに、ハラビロトンボも風に乗って やって来ました!
c0172139_12281264.jpg


森の中へ入ると、キイトトンボやモノサシトンボが、四方に散ります。
ガも多くなって、飛んでは葉の裏に隠れるのが・・・“いと をかし”!
c0172139_134124.jpg

ゼフィルスも居ません。
仕方がないので、また モノサシトンボを撮りました。 ♀です。
c0172139_1365242.jpg

こちらが、モノサシトンボ♂ですが、どうしてか ♂は少なくですね。
♀10に対して、♂2ぐらいな感じです。
c0172139_15375676.jpg

ベニイトトンボも居ないので、帰ろうと・・・池の排水口の辺りまで戻って来た時です。 赤い糸が 右から左に スーと移動しました!
(ベニイトトンボだ!)と思って、見失わないように、必死に眼で追いかけました!
留まりました!
まずは、証拠写真を!(^^)v
c0172139_13243812.jpg


移動してくれて、全身が見えたので、また必死で撮りました!
これが、環境省や私の県のレッドデータブックに絶滅危惧II類(VU)と記載されているベニイトトンボです!
絶滅しないように、自然環境を守って行くことが大切ですが、宅地造成など、開発を防ぐのも難しいですね。
c0172139_14254766.jpg


[PR]
by yukaina_sennin | 2009-06-12 23:59 | 絶滅危惧種

猛禽に遭遇!

近場の丘陵地へ行き ふと空を見上げたら・・・・猛禽が飛んでいました。
撮ろうと思ったら 山の陰へ・・・・(^^;)
諦めきれずに・・・また山の陰からクルリと廻って、出て来るのではないかと思い カメラを構えて暫く待っていたら・・・出てきました!(^^)v
夢中で撮りましたね!
猛禽は 殆ど撮ったことがないので 図鑑を見ても何鳥か判りません。
トンビかな??(^^;)
c0172139_2223317.jpg

10月9日、Yasukoさんとブリスパ さんから、“ミサゴでは?” との、コメントを頂きました。
私の図鑑には ミサゴが掲載されてなかったので、“yachoo 野鳥図鑑”で 確認できました!
ミサゴです! 環境省レッドリストでは、準絶滅危惧種になっています。

c0172139_2225119.jpg

[PR]
by Yukaina_Sennin | 2008-10-08 22:14 | 絶滅危惧種
昨日の丘陵地で、1000枚余り撮影したので、続けます。

これ・・・マユタテアカネ♀・黒褐色の斑紋無しのタイプだと思います。
このトンボは 顔面に眉紋があるので この名前が付いていますが、他にも眉紋があるトンボも居ますので、紛らわしい。
その上、このアカネの♀は、翅の先端に 黒褐色の斑紋があるタイプと無いタイプがあるので 更に複雑になります。
c0172139_1361561.jpg

マユタテアカネかどうか 胸部の紋様で同定したらいいではないか・・・と言うことになりますが、それも ヒメアカネと良く似ているので 難しい~^^; 
その胸部を撮った画像を貼ります。
c0172139_1393965.jpg

これが ・マユタテアカネ♀・翅の先端に 黒褐色の斑紋あり のタイプです。
c0172139_23395064.jpg

・・・と、そこへ 黒いモノがヒラヒラ!
さっ!とレンズを向けると・・・ダイミョウセセリです。
関東型と関西型の 中間ですね!
c0172139_23453321.jpg

林縁を歩き出すと、地味なチョウが飛んで来ました。形はムラサキシジミ。留まった樹は カシ・・・ムラサキシジミに間違い無し! 翅を開いた所を撮ろうと 暫く待っていると・・・開きました!やはり、ムラサキシジミでした!
c0172139_23502031.jpg

見慣れない イトトンボですが・・・老熟した アオイトトンボ♂でしょうか??
翅も短いようですから、コバネアオイトトンボ♂の老熟個体でしょうか?
コバネアオイトトンボだとすると・・・ギャアー! 絶滅危惧種です!
c0172139_0081.jpg

久し振りに ハラビロトンボに出会いました。
まだ 居るんですね!
c0172139_0112875.jpg

今年 はじめて・・・リスアカネに会(遇)いました!絶滅危惧種に近づいているトンボなのでしょうか?
c0172139_0174256.jpg

良く行く近場の丘陵地ですが、 被写体が多い日は 散策しても 楽しさ倍増ですですね! (^.^)v

[PR]
by Yukaina_Sennin | 2008-08-27 12:58 | 絶滅危惧種
今日は 絶滅危惧種のベニイトトンボを再度撮ろうと、、森に入りました。
直射日光の下を歩くより、 木々の緑が 熱い陽射しを遮った細い道を歩くの方が やはり楽ですね!

以前、ベニイトトンボを撮ったことがある草むらの近くまで来ると、居ました!フワ~と舞い上がって来ました!
c0172139_23124816.jpg

ベニイトトンボの周りには キイトトンボがウジャウジャ飛んで居るのですが、絶滅危惧種だけあって、 ベニイトトンボは 僅かです。
少し離れた所に、もう一頭 居ました。
このベニイトトンボを 暫く追いかけて 撮ります。
c0172139_23191257.jpg


ところで、絶滅寸前のベニイトトンボなんかを救うには、どうしたらいいのでしょうか?
人工的に飼育して ベニイトトンボの数を増やしても 自然界のバランスが崩れるような気がしますね。
c0172139_23301074.jpg

しかし、佐渡ではトキの増殖、そして兵庫県豊岡市では コウノトリの増殖・野生復帰に取り組んでいます。
c0172139_23535913.jpg

絶滅危惧種をどうするのか・・・真剣に考えたことがありませんでしたが、なかなか難しい問題ですね。

[PR]
by Yukaina_Sennin | 2008-08-21 22:54 | 絶滅危惧種