東海地方で自然観察をしながら、チョウ・トンボ・野鳥・山野草などを撮り、日本の四季を愉しみつつ、自然環境の悪化、地球温暖化、生きものたちの絶滅などを心配しています。最近、“写真俳句”を始めました。


by 愉快な仙人
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

幕末の《楽しみ》 v(^^)♪


----------------------------------------------------------------------------

現在ランキング2位です。1位を目指しています^^; 
   応援クリックを お願いしま~す!
(^^)♪

   ↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
----------------------------------------------------------------------------
今日は、曇天の下、「ルリ公園」を歩き回ったのですが・・・ツグミ(少ないですね)と・・・
c0172139_191146.jpg

シロハラに出会っただけでした^^;;
やはり、晴れないと、小鳥たちも出て来ませんね(> <)
c0172139_1915674.jpg


先日、「Palletさま」がBlogで、橘曙覧(たちばなのあけみ 1812年~1868年)の「獨楽吟」(どくらくぎん)
の一首;

  「たのしみは 朝おきいでて昨日まで 無かりし花の咲ける見る時」
 
を、紹介されているのを拝見して、「獨楽吟」に興味を持ち、検索してみました。
「獨楽吟」とは、橘曙覧が楽しいと思うことを 52首詠んだものです。
全て、「たのしみは」で始まり、「・・・とき[時]」で終わっています。
私が共感したのは、次の4首ですv(^^)♪

  ▼ たのしみは 空暖(あたた)かにうち晴(はれ)し 春秋の日に出でありく時
  ▼ たのしみは 意(こころ)にかなふ山水の あたりしづかに見てありく時
  ▼ た のしみは 百日(ももか)ひねれど成らぬ歌の ふとお もしろく出(いで)きぬる時
  ▼ たのしみは  常 に見なれぬ鳥の來て 軒遠からぬ樹に鳴(なき)し時

***********************************

つたないBlogを 御訪問頂き、 ありがとうございました! 
「ブログ・ランキング」に参加しています!
「自然観察」か、「写真俳句」か・・・どちらかのバナーを、 
1日1回  P★♪ポチっと・・・宜しく お願いしま~す!♪ v(^^)
  ↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
≪2012年10月24日から始めた俳句は、詩情が動く写真が撮れた時に、脂汗を流しながら 捻り出しています^^;; これまでの、ツタナイ試作品は俳句帖として、『ここ』に纏めております(*^^*)

************** 【以下は広告です】**************
 
[PR]
by Yukaina_Sennin | 2013-02-07 18:12 | 野鳥