東海地方で自然観察をしながら、チョウ・トンボ・野鳥・山野草などを撮り、日本の四季を愉しみつつ、自然環境の悪化、地球温暖化、生きものたちの絶滅などを心配しています。最近、“写真俳句”を始めました。


by 愉快な仙人
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

水鳥・水辺の鳥 on Parade! (その5)


クリックを お願いします!♪ v(^^) 
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

前回はアオサギでしたので、アオサギと来れば、次はダイサギ・チュウサギ・コサギの、「シラサギ3兄弟」でしょう!(^^)

ダイサギ(夏鳥・漂鳥。冬鳥)
ダイサギの大きさは、ほぼアオサギと同じで、3兄弟の中では一番大きいので「大サギ」です^^;
指と脚は、一年中黒いです。
夏羽では、くちばしは黒く、目先は青緑色で、背から尾まで伸びる 長いレース状の飾り羽があります。
c0172139_0191049.jpg

冬羽では、くちばしは黄橙色で、目先は黄色です。
c0172139_0235277.jpg

c0172139_0244286.jpg

チュウサギ(夏鳥)
チュウサギは夏鳥で、 当地では5月初め頃から、9月末頃、見られます。 
指と脚は、一年中黒いです。
夏羽では、くちばしは黒く、目先は黄色で、目の周りは黄緑色です。
冬羽では、くちばしは橙色で、先端が僅かに黒いです。
 
c0172139_040274.jpg

 (この↑ 写真ですが・・・山口県の「野鳥の大家」に見て頂きました。 頭部や嘴・鼻孔のあたりの様子から、冬羽のアマサギの可能性もあるとの御意見でした)
コサギ(留鳥・漂鳥)
コサギは、一番小さいシラサギです。
一年中くちばしは黒く、指は黄色で、脚は黒です。
夏羽では、長い冠羽があります。
魚を獲る時は、「安来節」のドジョウ掬いの様に、足を使って魚を追い出す仕草が、ユーモラスです。
c0172139_055261.jpg

c0172139_054385.jpg


アマサギ(夏鳥)
上記のサギと良く似たサギに、アマサギが居ますが、アマサギは「夏鳥」のところ・・・ここ(クリック!)・・・に記述しております。

*********************************

2011年 12月 24日より  ブログ・ランキングに参加しています!(^^) 現在、ランキングの2位と3位の辺りを彷徨いています。
応援クリックを お願いしま~す!♪ (下のバナー 【ネイチャーフォト】 を一日一回クリックするだけです)m(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


*************【以下は広告です】***************

[PR]
by Yukaina_Sennin | 2012-02-08 00:01 | 野鳥