東海地方で自然観察をしながら、チョウ・トンボ・野鳥・山野草などを撮り、日本の四季を愉しみつつ、自然環境の悪化、地球温暖化、生きものたちの絶滅などを心配しています。最近、“写真俳句”を始めました。


by 愉快な仙人
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

冬鳥オンパレード( 陸鳥編・その① )

今年は、当地では 全く冬鳥の姿がありません。
当地だけではなく、他の地方でも 冬鳥が少ないようです。
全く報道されませんが、自然界の異常事態です(-_-;)

そもそも、 冬鳥とは何でしょうか?
冬鳥というのは、秋期に北国(中国北部・シベリアなど)から日本に渡来して越冬し、春期に また繁殖地の北国に帰る鳥のことです。
主に、10月上旬から日本にやって来て、4月上旬頃には 殆どの冬鳥が日本から居なくなります。
それでは、冬鳥にはどんな鳥が居るか・・・私が過去8年間に、当地で撮った冬鳥を御紹介します。

▼ジョウビタキ(尉鶲)
ジョウビタキは♂♀とも、両翼に白い斑紋(通称: 紋付き)があるのが特徴。
また、♂は頭から後首が銀白色で、貫禄がある。 、
   (ジョウビタキ♂)
c0172139_14222023.jpg

   (ジョウビタキ♂)
c0172139_1423398.jpg

   (ジョウビタキ♀)
c0172139_1424197.jpg

▼ツグミ(鶇)
ツグミは、昔、焼き鳥として、良く食べられた鳥らしい(^^;)
c0172139_16303524.jpg

冬になると、当地の公園など、何処にでも居る鳥だが、今年は全く姿を見せない。
c0172139_1633499.jpg

▼シメ(鴲)
シメは、いつも見られる鳥ではありません。
“いつもの池”の側の、紅葉の実を食べに来ているのを一回見ました。
c0172139_17262754.jpg

いつも、不機嫌そうな、怒ったような顔をしています(^^)
円錐形の短い、大きなクチバシで、木の実をバリバリ食べます。
c0172139_17312796.jpg

雪の降る中、雪+鳥を撮りたいと思って出撃し、GETしましたv(^^)
雪中の シメです。
北海道で少数が繁殖。
c0172139_17285825.jpg

▼ウソ(鷽)
これも、なかなか会えない鳥です。
2度出会い、数枚撮っただけです。
名前の由来は、口笛を吹くように啼くので、口笛を意味する古語「うそ」から名付けられたようです。
♀は、地味ですね。
c0172139_17561687.jpg

雄は、頬から喉は赤みが強いピンク・・・
c0172139_1757398.jpg

胸・腹は赤みのある灰色です。
c0172139_180294.jpg

本州中部以北で繁殖し、冬は九州以北の暖地に移動する(漂鳥)。
また、冬鳥としても 日本に渡来する。

*********************************

ブログ・ランキングに参加 ♪♪  
 
2011年 12月 24日より、「ブログ・ランキング」に参加して、皆様方の応援を励みにしております!(^^)
応援クリック (下のバナー 【ネイチャーフォト】 を一日一回クリックして下さい)を よろしくお願いしま~す!♪  
m(_ _)m  

▼現在、4位から浮上して、3位でガンバッテいます!♪ ・・かと 思ったら・・・もう4位に転落! 
(^^;) 

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

*************【以下は広告です】***************
 
  

[PR]
by Yukaina_Sennin | 2012-01-17 00:03 | 野鳥